有線LANケーブルが邪魔にならないための方法

FPSやMMOなどで、無線LANなどを使っていると、途中で電波の状況により回線が不安定になったりラグが出ることもあります。
こういったことを懸念する声と、また同時にプレイしている人にも迷惑がかかることから、FPSやMMOなどの対人のあるゲームは有線LAN接続でのプレイが求められる場合があります。
なかなか、そうもいかない状況ではあると思いますが、どうしても引き込み口がゲーミングPCのある部屋にできない場合があります、そういった場合有線LANをパソコンのある部屋まで見栄えよく引き込むにはどうしたらよいでしょうか?
業者に依頼するのが一番間違いないですが、工賃にお金がかかってしまいます、そこで見栄え良く施設できるグッズや施工術を紹介したいと思います。

有線LANケーブルは平型のものを使用する

LANケーブルは、丸型のものでなく、なるべく平型のものを使用しましょう、施工がしやすくなりますし、角でも簡単に曲がります。

線はなるべくモールなどで目隠ししましょう

費用はかかりますが、モールなどを使って目隠ししましょう、剥き出しでステップルで止めるのも簡単なのですが、ひっかけてしまったり、何かが当たった際に断線する可能性があるので、できればモールで隠すのが良いです。
モールは壁にあった色のものを使用し、モールカッター(なければ大型のハサミやニッパーでも可能)で切断して見栄えよくしましょう。

扉などがある場合は?

扉などがある場合は壁に穴を開けられるのが一番ですが、見栄えがよくなく、失敗すると目も当てられません、扉に少しでも隙間があるのならば、こういった隙間用のLANケーブルも存在します。()
やむを得ず壁に穴をあける場合は、なるべく目立たない角などにするか、他の配線に絡み付けて通すか、もしくは器具を使用して配管するのがオススメです。
よくコンセントにくっつけて・・・と素人施工をする人もおりますが、低圧電気でも感電死する危険性がありますし、基本的にそういった電気工事は資格(第二種電気工事士等)が必用なものなので、コンセントなどに配置するのは素人で行うのはお勧めいたしません。
壁用のスリムダクトなどで施工すると見栄えが良いでしょう、壁に断熱材があり貫通できない場合もあるので一度確認すると良いでしょう、まず小さな穴をあけて、駄目そうであれば家庭用のパテで補修して、壁紙を貼りなおすのも良いです。
近年無線LANも発達してきており、あまり自宅に有線LANを這わせる必要もなくなってきましたが、どうしても、という方もいらっしゃると思います。
あまりに大工事になるようでしたら、素直に業者の方に相談するのが良いです。